微生物群を用いた土壌浄化方法に関する特許権取得のお知らせ

2018/03/06

土壌浄化に有効な微生物の利用許諾及び本微生物を含む微生物群を用いた土壌浄化方法に関する特許権を取得いたしました。

 当社100%子会社の株式会社アイ・エス・ソリューションは、国立大学法人東京農工大学及び独立行政法人製品評価技術基盤機構より、両機関が共有している塩素化エチレン類をエチレンまで完全に脱塩素化する能力を有する新規微生物(デハロコッコイデスUCH-ATV1株)(2017年6月6日付け当社HPのニュースご参照)の商業利用に関する許諾を得ました。合わせて、東京農工大学及び株式会社PaGE Scienceより本微生物を含む微生物群を用いた土壌浄化方法に関する特許権の譲渡を受けました。
 本微生物は、塩素化エチレン類の脱塩素化能が高く、トリクロロエチレンやジクロロエチレンに加えて、クロロエチレンを短期間で無害なエチレンに変換できるという特徴を有しております。クロロエチレンは2017年4月に土壌汚染対策法の特定有害物質に追加されたことから、新たに対応が求められることになった難分解性の有害化学物質であり、効率的な浄化技術の実用化が求められております。
 今後は、当社100%子会社の株式会社エンバイオ・リアルエステートが保有している土壌汚染地において、本微生物を含む微生物群を用いた土壌浄化方法の実証試験を実施して、経済産業省及び環境省の両省が所管する微生物によるバイオレメディエーション利用指針への適合確認申請を行ったうえで、商業利用を図ってまいります。