EnbioGroup

株式会社エンバイオ・ホールディングス(東証マザーズ:6092)グループ

成長のストーリー

原位置浄化からスタート
汚染地活性化への取り組み
自然エネルギー事業に注力中

エンバイオ・グループの歴史は、環境のための技術進化とともにあり、貢献の範囲を広げて参りました。

1999年、環境問題の解決に挑むため、社名に「環境」(エン=ENVIRONMENT)を冠したエンバイオテック・ラボラトリーズとして誕生しました。汚染された土を掘らずに薬剤によって浄化する「原位置浄化」に国内で初めて成功。掘り出してきれいな土と入れ替える従来工法と比べ約3分の1という低コストを実現させ、“原位置浄化のパイオニア”として注目を集め、土壌汚染の解決を促進しました。

原位置浄化からスタート

次に取り組んだのは、価値の低下した汚染地の活性化です。再利用が進まない汚染地を取得し、浄化、販売、活用までを手がける不動産事業は、培ってきた技術と経験が実現させた事業形態で、塩漬けにされがちな汚染地の再生に貢献しています。

さらに、別の土地を有効活用するアプローチとして、自然エネルギー事業を開始しました。30MWの太陽光発電所を運営することを目標にスタートしたこの事業は3年で目標を達成し、現在も増設中。地球温暖化の原因とされるCO₂排出量削減に貢献するだけでなく、経営の安定化にも寄与する事業に成長しました。

汚染地活性化への取り組み

現在では、日本で培った技術やサービスをグローバルに展開しています。中国に子会社を設立し、土壌や地下水の浄化など環境事業を行っているほか、中東・東南アジア地域での水不足解消を目指す取り組みや、地域バイオマスを有効活用する取り組みが進行しています。

2014年には、環境分野における社会的責任を果たしていくため、東証マザーズへの上場を果たしました。これを契機に、資本及び事業提携を積極的に推進し、さらに事業活動の幅を広げています。地球の環境を守るため、エンバイオ・グループはこれからも既存の枠にとらわれない発想力で、新しい挑戦を続けていきます。

自然エネルギー事業に注力中

沿革

  • 株式会社エンバイオテック・ラボラトリーズ(現 株式会社エンバイオ・ホールディングス)設立

  • 株式会社アイ・エス・ソリューション(現 株式会社エンバイオ・エンジニアリング)設立

  • 株式会社ランドコンシェルジュ(現 株式会社エンバイオ・エンジニアリング)設立

  • 本社事務所を東京都千代田区神田多町へ移転

  • 株式会社ビーエフマネジメント(現 株式会社エンバイオ・リアルエステート)設立

  • 江蘇聖泰実田環境修復有限公司設立(持分49%)

  • 東京証券取引所マザーズに上場(証券コード6092)

  • YAMAテック株式会社(現 株式会社エンバイオ・エンジニアリング)と資本業務提携契約を締結

  • 自然エネルギー売電事業に参入

  • ヴェガ・ソーラー合同会社設立

  • 株式会社シーアールイー(東証一部 3458)と資本業務提携契約を締結

  • YAMAテック株式会社(現 株式会社エンバイオ・エンジニアリング)の株式取得

  • アルタイル・ソーラー合同会社設立

  • 日本シーガテック株式会社と原位置熱脱着技術に関するサブサブライセンス契約を締結

  • 本社事務所を東京都千代田区鍛冶町へ移転

  • ソーラー年金株式会社の株式取得

  • Carbon & Volts Sdn. Bhd.へ資本参加

  • 太陽光パーク2合同会社の持分取得

  • 株式会社シーアールイー(東証一部 3458)との共同出資による株式会社土地再生不動産投資(現 株式会社土地再生投資)を設立

  • 恩拜欧(南京)環保科技有限公司設立

  • 株式会社アイ・エス・ソリューションが株式会社ランドコンシェルジュとYAMAテック株式会社を吸収合併、同社社名を株式会社エンバイオ・エンジニアリングに変更

  • 鉱研工業株式会社(東証JQ 6297)と資本業務提携契約を締結

  • Enbio Middle East FZE LLC設立

  • Enbio Lel Taqa FZC LLC設立