EnbioGroup

株式会社エンバイオ・ホールディングス(東証マザーズ:6092)グループ

経営理念

環境保全に役立つサービスや製品の提供を通して、
環境問題の解決と健やかな環境づくりを推進し、
持続可能な社会の構築に貢献します。

エンバイオ・グループは、1999年の創業以来、環境保全に貢献する事業に継続して取り組んでまいりました。
土壌汚染をエンジニアリングで解決する土壌汚染対策事業、汚染された土地の有効活用を目指すブラウンフィールド活用事業、太陽光発電による自然エネルギー事業。
そして、新たに立ち上げたバイオマス発電や水資源の開発事業。すべて、美しい環境を未来へとつないでいく事業です。
持続可能な社会システムの構築が急務とされている今、私たちは、環境や社会への貢献と事業活動の成長を両立した経営にさらに注力してまいります。環境問題に取り組む事業の中で、次世代の人材を積極的に育成し、会社を発展させます。
それらは、さらなる環境保全に貢献するためのエンバイオ・グループの土壌づくりでもあります。
この経営の循環によって、持続可能な社会の構築へ長期的な貢献を果たしてまいります。

経営方針

  • 環境

    環境

    事業活動で、環境問題の解決と健やかな環境づくりを推進する

  • お客様

    お客様

    継続した改善を怠らず、お客様の期待を超える成果を提供する

  • イノベーション

    イノベーション

    バイタリティとスピードをもって、イノベーションを創出する

  • パイオニア精神

    パイオニア精神

    挑戦する気概を持ち、事業領域におけるリーディング企業となる

  • グローバル

    グローバル

    培った技術やノウハウに基づくサービスを、広く世界に還元する

  • 連携

    連携

    グループ内外の柔軟な連携で相乗効果を生み、質高く成長する

  • 社員

    社員

    個性や能力を尊重し、働きがいと安心のある社内環境を提供する

企業行動指針

  • 1

    信頼される企業市民として、国内外の法令ならびにその精神を遵守するとともに、社会の倫理規範に従い良識ある企業活動を実践する。

  • 2

    誠実をモットーに公正な競争を徹底するとともに、協力会社・取引先・提携先との対等なパートナーシップを保持して共存共栄を図る。

  • 3

    失敗を恐れずに強い信念を持って、難しい仕事や新しい仕事に挑戦し、より高い目標を達成する。

  • 4

    固定観念に囚われず時代の変化を読み、世界に目を向けた広い視野で物事を考え、行動する。

  • 5

    業務の遂行に当たっては、どのような状況にあっても安全の確保と環境の保全を優先して行動する。

  • 6

    社員一人ひとりの人格と多様性を尊重し、創造力とチャレンジ精神を引き出すことに努める。

  • 7

    株主の負託に応えて、正当かつ健全な成果の蓄積と正確な情報開示による透明性の高い企業経営を実践する。

  • 8

    市民社会の秩序、安全に脅威を及ぼす反社会勢力・団体との関わりは一切遮断し、社会正義に反した行動はとらない。